プチうつに苦しんでいる人のための商品特集

時々どういうわけか気持ちが沈んでしまうことがある。頑張らなくてはいけないのに、その気力が湧いてこない。倦怠感がある。など、「プチうつ」という症状。鬱とは異なり、通常の生活はできる範囲で、気持ちの浮き沈みがある状態を言います。そんなプチうつにお悩みの方へおすすめのフラワーエッセンスのご紹介です。

「プチうつ」と言葉にすると、軽いものと思われがちですが、患っている本人にとってはとても辛いものです。気持ちの浮き沈み、倦怠感、やる気が出ない事への焦りなど、日常生活を普通に送っている間にこうした状態に陥っているので、周囲の人に理解してもらいづらく、余計に辛くなります。かといってそのままでは改善されず深刻化していきますので、フラワーエッセンスの力を借りて、少しずつ改善していきましょう。

プチうつに陥りやすいあなたは、「いつも頑張りすぎている」のではありませんか?また、「○○であるべき、○○しなければならない」など、少し完ぺきを求めすぎているのかもしれません。その背景には、「責任感」が隠れています。責任感はとても良い感情ですが、それが行き過ぎてしまうと、失敗した時などに自分を責めたり、より一層高いレベルを自分に課してしまったりします。結局、自分で自分にプレッシャーをかけてしまい、常に焦りと戦うことに…。
完璧な人間はいません。あなたが出来ないことは、できる人に頼んでも良いのです。あなたが出来なかったからと言って、誰もあなたを責めたりしません。あなたができることをできる範囲ですればよい。そうやって補い合って人間社会は成り立っているのです。自分でなんとかしなくちゃ!と、がんばりすぎている自分に気づくと少し楽になってきます。オーク(真の強さ)、バーベイン(くつろぎ)、ダンディライオン、パイン(Pine)などは完璧主義のあなたの方の力をゆっくりとほぐしてくれるでしょう。ブルーレースアゲートエッセンス(空色縞瑪瑙)、ストレスリリースフォーミュラなどもおすすめです。

プチうつの場合、一番よい対処は「休むこと」です。ここでいう「休む」とは、休日を過ごすことではなく、頭(思考)・心・身体すべてを休ませることが大切。わざわざ休日を作るのも大切ですが、実は日常の数分間、数時間でも休むことは可能です。もっとわかりやすく言うと「無になる」時間を作ること。人は常に何かを考え続けています。これは無意識なので、意識的に考えないようにしないと、頭は休まることがありませんので、あえて、「休む(無になる)」必要があるのです。そのためにはまず、リラックスすることが大切。頭の中で渦巻いている悩み事や心配事をいったん棚の上に預け、自分自身に意識を集中させて…。いつも頑張っている自分をそっと包んであげましょう。だんだんと肩の力が抜けて、リラックスしていくのを感じながら、十分がんばっている自分を褒めてあげるのです。
リラックスしたい時には、ゴールド(純粋)、ブルークォーツ、ソフィーローズや、レニティーコンビネーションエリクシールなどがおすすめ。イエロージンジャー、レディースリッパーも深いリラクゼーションへいざなってくれるでしょう。

また、睡眠も非常に大切なリラクゼーションの一つ。この眠りの質によって、休むことができるかどうかが変わってきます。十分に心がリラックスできていれば、質の良い眠りを摂ることができますが、眠る直前まで悩みや心配事を考え続けていた場合は、眠っている最中も脳裏では悩み続けてしまい、安眠できません。翌日に疲労感を感じている場合はこうした現象が起きている証拠。そんな時は、眠りに特化したフラワーエッセンスを。ピースフルスリープ、ジェモセラピー ライムツリー、ブリーディングハート&フロックスなどがおすすめです。また、ブレンドオイルのスリープや、眠りをいざなう音楽のレスキューナイト・サウンドCDなどもおすすめです。

プチうつに陥ってしまったときは、とにかく焦らず、休むこと、リラックスすることが大切。そして今自分が抱えている大きな問題と向き合うのを一旦ストップして、自分自身に目を向けて心をリフレッシュ。ハーキマーダイアモンド、ハイビスカスエッセンス~海の雫~、ターコイズ(リフレッシュ)などは気持ちの切り替えをしたい時におすすめ。
また、気持ちが沈んでいる時に、どうしてもやらなくてはいけないことがあったり、辛くてどうしようもない時は、レスキュータイプも取り入れてみて。レスキューレメディ、レスキューナイトなど、1つ持っておくと、心の支えになってくれるでしょう。自分自身の乱れているエネルギーを統一してくれるインディゴ エッセンス 9 Nineスプレーも取り入れましょう。

プチうつを放っておくと、それがだんだんと大きな塊となってしまい、深刻な心の問題へと変化してしまうこともあります。辛い時は我慢しないで、いったんその問題を別の場所に置き、自分の調子を整えてからまた向き合えばよいのです。そして、出来ない時は出来ない自分を認めてあげましょう。あなたは十分がんばっています。プチうつを上手に開放して、あなたらしい人生を過ごしてくださいね。