妖精が出て来そうなほど幻想的なブルーベルの森

ブルーベルは、淡い青紫色で釣鐘形の花姿をしているところに由来して名前がついたとされています。また、花言葉の「謙遜」もブルーベルがうつむき加減に花を咲かせることにちなんでいると言われています。春になると多くの北西ヨーロッパの森林床は、群生して咲くブルーベルの青いカーペットに覆われます。この状態を現地では「ブルーベルの森」と呼んでいるそうで、その光景はまるで森の奥から妖精が出て来そうなほど幻想的と言われています。

ブルーベル(bluebell)