虫を騙して誘う性質からつけられた花言葉

サンデューは、和名では「モウセンゴケ」とも呼ばれています。食虫植物なので、葉っぱにいくつもの毛が生えており、その葉を使い虫を捕らえて、栄養にしている植物です。そんな性質もあってか、サンデューが持つ花言葉は、「詐欺」や「不誠実」、「無神経」といったどちらかというとネガティブ要素の言葉が多いです。この花言葉の由来は、虫を捕らえるために、甘い香りを出して虫をだまし誘い出して、サンデューに止まった虫を食べるという習性からつけられたそうです。

サンデュー(sundew)