ホーソーンは、希望と幸せの象徴

「希望」と「慎重」が花言葉のホーソンは、開花時期が一年でもっとも楽しい時期とされている5月にというところにちなんで「希望」という花言葉になったそうです。また「慎重」は、枝にトゲが生えていることに由来しているそうです。ちなみに古代ギリシアでは希望と幸せの象徴とされ、子孫繁栄のシンボルとして婚礼の際などに用いられていたと言われていたそうで、結婚や出産などのお祝いにホーソーンの花束を贈るのも素敵かもしれませんね。

ホーソーン(hawthorne)