危険なネトルには栄養素がたくさん!

ネトルの特徴は、葉や茎に鋭い棘があるところです。この棘に触れるとヒリヒリとした痛みを伴い、赤く腫れてしまうことがあります。これは棘にヒスタリンなどの毒成分があるためとされています。こういった特徴もあることからも、ネトルの名前の由来は「針」を意味するNeedle(ニードル)が元となっているそうです。触ったり生で食べてしまうと危ないところもありますが、栄養素に富んでいるので、花粉症対策などにはおすすめのハーブですよ。

ネトル(nettle)