オリーブは平和の象徴の樹

オリーブリーフの樹は、聖書の創世記よると、人間が犯した罪に神が怒り、地上に大洪水という罰を下し、神の眼に正しき者として映ったノアとその家族のみは救われました。方舟にとどまり、水がひくのを待っていたとき、洪水がひいたことを知らせに来たハトがくわえていたのがオリーブの枝だったというエピソードがあります。また旧約聖書やギリシア神話にも平和や勇気の象徴としてオリーブは登場しています。現在でも、オリンピックでのメダリストなどにはオリーブの冠が与えられています。

オリーブリーフ(oliveleaf)