肥料用から始まったオートムギ

オートムギの歴史は古く、紀元前3年頃から中央ヨーロッパでは作物として育てられていた記録があり、主に馬などの飼料用として育てられていました。187年頃には押麦にしてフレークにする技術が発明され、オートミールとして大量生産されるようになり、アメリカを中心に急速にオートムギの消費が世界に広がりました。日本では、主に北海道で飼料用として生産されています。またオートムギは、疲労回復、糖尿病予防、リラックス、ストレス解消効果などがあるハーブとしても使われていますね。

オートムギ(oats)