アルファルファの別名はなぜ「ムラサキウマゴヤシ」なのか?

アルファルファは、プロテインや各種ビタミン、カロチン等がバランス良く含まれ、関節炎や膀胱炎に対する消炎作用、 発癌性食物に対する抗がん作用、疲労回復、消化促進効果等があると言われます。 葉を乾燥させたものは緑色をしたハーブティとして飲むことができます。アルファルファは根を土深くまで張るため、痩せた土地を肥やすためにも使われたり、足を速くさせるために競走馬に食べさせたりしています。また紫色の花を咲かせ、カロリーが高い牧草で、馬が食べると肥ることから「ムラサキウマゴヤシ」という和名がつけられました。

アルファルファ(alfalfa)