美しくとも悲しいフォーゲットミーノットの花言葉の語源

「私を忘れないで」、「真実の愛」が花言葉のフォーゲットミーノットは、ドイツの騎士が恋人と散歩していた時、彼は愛する彼女のために川縁に咲いていた花を摘もうとするのですが、花を掴んだ瞬間に足を滑らせて急流に落ちてしまいます。彼は溺れる寸前に彼女に向かって摘んだ花を投げ上げ、「僕のことを忘れないで」と叫びながら帰らぬ人となったと言い伝えられています。このようなエピソードが語源となり花言葉につながっているんですね。

フォーゲットミーノット(forgetmeknot)