満開のスパイリアは雪景色を思わせる「初夏の涼しさ」を呼ぶ草木

中国では、小さな手毬状の花姿に因み「コデマリ」の中国語名で呼ばれます。日本でも古くから知られており、「スズカケ(鈴掛)」の古名を持ちますが、現在では花の姿から「コデマリ」と呼ぶことが多くあります。日本ではスパイリアの種類に属するバラ科シモツケ属の名称を「栃木県の下野」から命名し、「シモツケ」と呼びます。これは、下野産のものが古くから栽培されていたことに由来すると言われています。園芸種として親しまれるほか、切り花としても楽しめます。耐寒性もあり、雪景色を思わせる「初夏の涼しさ」を呼ぶ草木とも呼ばれました。土質もあまり選ばないため、公園などでも満開の様子が多く見ることができます。

スパイリア(spirea)