日露戦争の勝利記念に植えられた樹

「栄光」、「勝利」などが花言葉のローレルですが、なぜこのような花言葉がついたのでしょうか。ローレルは、古代ギリシャでは太陽神アポロンの樹とされていて、ローレルの小枝で作った冠が勝者や英雄などに授け讃える習慣があったそうです。このことが花言葉の由来になっています。日本には明治時代に渡来し、日露戦争の戦勝記念として東郷平八郎が日比谷公園にローレルを植えたように、日本でも「栄光」や「勝利」の証としてローレルが用いられたようですね。ローレルの葉は乾燥させて香辛料に使うことが多いですが、樹にはこのような意味合いが含まれているんですね。

ローレル(laurel)