ローズウッドは、一時期は絶滅危惧だった!?

ローズウッドの名前からして、バラ科の植物かと思いがちですが、実はバラとは異なる樹木なんです。ローズウッドはバラのような甘くスパイシーな香りがすることにちなんで「ローズウッド」という名前がつけられたと言われています。そんなローズウッドは化粧品の原料として使われるようにアンチエイジング効果があるそうですよ。その他にも抗菌作用や疲労回復も効能として期待できます。ちなみにローズウッドは非常に成長が遅く、精油として採取できるまで何年もかかるため、一時期は乱伐によって絶滅が危惧されていましたが、現在はブラジル政府の保護下で植林が進んでいるそうです。

ローズウッド(rosewood)