クラリセージで酔っぱらう!?

クラリセージには人を陶酔させる作用があり、甘い芳香を持っているという特徴があります。そのため、17世紀のイギリスではビール醸造の原材料となるホップの代用として使われたり、ドイツでも香りがマスカットワインに似ていることから、安物のワインの風味を整えるために使われていたそうです。しかし、このビールやワインを飲んだ人は通常よりも酔っぱらい、ひどく二日酔いにもなったという記録があるぐらいひどかったようですね。実際に飲酒しているときは、クラリセージを使用するのは気をつけた方が良さそうです。

クラリセージ(clarysage)