桜の語源

日本でも春を象徴する花として有名な「桜」ですが、その桜の語源って知っていますか?今はサクラを「桜」と書きますが、古名では「佐久良」や「佐久羅」と書いたそうです。「桜」となったのは「万葉集」からとされていて、「桜桃」をサクラの漢字にあてたそうです。また「古事記」に登場する木花之佐久夜毘売〔このはなのさくやひめ〕という美しい女の神様のサクラをさしたもので、これから「佐久夜(さくや)」が転訛してサクラになったという語源説があります。当たり前のように呼んでいるサクラも語源を知ると、歴史を感じることができ、また違った印象を持つことができますね。

桜(cherry)