兵士の傷薬にもなったピンクノコギリは「治療」が花言葉

ピンクノコギリは、セイヨウノコギリソウとも呼ばれるヨーロッパ原産の多年草です。ヤロウという別名もありますが、キク科ノコギリソウ属として、欧米では道端などにも自生する生命力の強さも特徴です。7月から9月に花を満開にさせ、6cmほどの草丈になります。自生する力はとても強く、どんな土壌でも比較的育ちやすいと言われる花で、薬用にも食用にも利用されるハーブです。

ピンクノコギリソウ(pinknocogyrisou)