「月下美人」は、とっさに答えた花の名前

エビフィラムオクスペタラムは、別名で「月下美人」とも言われています。「月下美人」と言われる由来は、大正12年、昭和天皇が皇太子だった頃に台湾へ訪れた際に、この「月下美人」におもわず目を留めました。当時の台湾駐在大使の田氏に、花の名前を尋ねると、田氏は、花の特徴を知っていたのか、知らなかったのか、とっさに「月下美人です」と答えてしまったそうです。「一夜かぎりの月の下に咲く、美人のようなきれいな花」という特徴から、まさしくそのずばりの表現でした。この詩的な表現の名前が、一般的に、定着したとされています。

エビフィラムオクスペタラム(ebifilamoxpetaram)