ローデンドロンは「高嶺の花」

ロードデンドロンは、別名「シャクナゲ」とも呼ばれています。そんなローデンドロンは「警戒」、「危険」、「威厳」などの花言葉を持っていますが、その花言葉からイメージする通りの特徴があります。ロードデンドロンはヒマラヤなどの高山でしか生息しなことや葉に毒成分を含んでいることからも、「警戒」や「危険」は想像できますね。また気品ある美しさから「花木の女王」とも呼ばれているように「威厳」を感じることもできます。ちなみに「高嶺の花」という言葉を使いますが、その言葉の由来はロードデンドロンだと言われています。

ホワイト ロードデンドロン(whiterhododendron)