ピースは愛と平和の象徴の花

なぜこの花がピースと名付けられたのかというのは、気になりますよね。名前の由来となったエピソードがあります。第二次世界大戦中に、この後にピースと名付けられるバラは焼失する危機に直面していましたが、密かにアメリカに送られて最悪の事態を逃れることができました。そして1945年ベルリン陥落の日、アメリカで行われた太平洋バラ協会展で、平和の尊さ、平和への願いを込めて「ピース」と命名されたそうです。また1945年には、国際連合の初集会で「われわれはこの平和のバラが人々の胸に世界平和を永久に印象づけることを希望する」というメッセージと共にピースが紹介された代表的な話があります。それ以降、ピースは愛と平和の象徴として世界中の人々に親しまれています。

ピース(piece)