小さく可愛い花にも深い意味が込められている

小さく多彩な花色の花を咲かせるウォールフラワーですが、そもそもウォールフラワーの語源は、ヨーロッパの古い土壁の上によく咲いているということから名づけられた説と城壁から相愛の男女が落ちて死んだ後に咲いた花という説に由来されています。また「愛の絆」、「逆境にも変わらない愛」などの花言葉も、駆け落ちの合図としてウォールフラワーの花を使ったことから、花言葉がついたと言われています。こんなに小さい可愛い花でも、その花に深い意味を含んでいるんですね。

ウォールフラワー(colloquy)