綺麗な杢の木材マドローナ、本名は「パシフィックマドローン」

ジュリア・ファイファー・バーンズ州立公園は、海岸から標高3フィート(915m)の尾根までパシフィックマドローンが広がっています。日本では、分布されておらず植樹されるケースがないため、一般的な和名はありません。そのため、現地名そのままマドローナ(樹木名はパシフィックマドローン)として材が輸入されています。木材の性質としては、重硬で木肌は緻密です。しかし、乾燥が難しく無理に乾燥させると、ひび割れを生じさせます。家具用材、内装材、ろくろ細工、ツキ板などに使用されます。この樹木のこぶ(瘤)が非常に有名で、装飾材として珍重されてきました。

パシフィックマドローン(pacificmadeloans)