ダッフォディルの花言葉は「自己愛」 ナルシストを意味する神話から

「自己愛」や「エゴイズム」などが、赤いダッフォディルの花言葉です。ギリシャ神話の登場人物、ナルキッソスは誰も愛することが出来ない美少年。様々な相手に言い寄られても、傲慢な態度で退けてきました。復讐の女神は人々のナルキッソスへの恨みの気持ちを聞き、ナルキッソスが自分だけは愛することができるようにしました。 ある時、水面を見たナルキッソスは水に映る自分の姿に恋をし、水の中の自分の姿から離れることができなくなります。とはいえ、水に映るのはナルキッソスの自分の姿。応えてくれるはずはなく、憔悴しきってやせ細って、死んでしまいました。そのあとには、水面に向かって咲く水仙の花が、水辺を飾りました。花言葉の「自己愛」のことをナルシストと呼ぶのはこの物語に由来します。

ダッフォディル(daffodil)