クレオパトラのお気に入り「アロエベラ」はエジプトの歴史的植物

古代エジプトでは、アロエベラの愛用が紀元前2年も昔から続いています。クレオパトラはアロエベラを身体中に塗り、伝説となった美貌を保ち続けたと言われてきました。そのため、宮殿の内部外部にはたくさんのアロエベラが栽培されていた記録がパピルスの書物に残り、棺に納められていとと言われます。また、アレキサンダー大王は、戦いの際兵士の体調維持にアロエベラを携帯させ、峡谷を築いたと言われます。近年、アメリカからはじまり、血中糖度を下げるのに効果があることが証明され、アロエベラは大きく話題となりました。

アロエベラ(aloevera)