レオナルド・ダ・ヴィンチが描いた絵画にも登場ハーベストリリー

ハーベストリリーの名前の由来は、ユリと同様ラテン語の「li(白)」と「lium(花)」を意味しています。その形状や香りゆえに、世界各国で花の優雅さが高く評価されてきました。「純潔」や「威厳」、「荘厳」などの花言葉があり、高貴な品性が見る人の心を和ませます。そのため、「聖花」と呼ばれるようになり、冠婚葬祭問わず使用されてきました。純潔のシンボルともいわれる白いユリは、レオナルド・ダ・ヴィンチが描いた有名な宗教画『受胎告知』にも登場し、天使ガブリエルと共に描かれています。

ハーベストリリー(harvestriley)