仏料理や伊料理のレシピからガムの原料まで…ゴーツベアード

ゴーツベアードの栽培は、16世紀にフランスとイタリアで始まりました。そのため、フランスやイタリアの家庭では、園芸用から食用に変わり新芽はアスパラガスと同じように調理されています。牡蠣の風味を持っていることでも知られているので、オイスタープラントとも呼ばれてきました。根から芽まで様々な部位を利用することができます。世界の有名料理のレシピに登場しますが、チューインガムの原料や生薬としても利用される植物です。

ゴーツベアード(ghotsveard)