カーネーションはなぜ花色で異なる花言葉を持つのだろう?

カーネーションは、花の色によって花言葉も違ってきます。例えば、赤色は「熱烈な愛、母の愛」、ピンク色は「感謝、上品」、黄色は「軽蔑、嫉妬」、白色は「尊敬、純潔の愛」などです。花色によって異なるのは、198年、アメリカの女性活動家アンナ・シャービスが、母親の好きだった白いカーネーションを母親の追悼式で飾ったことにちなんで、カーネーションの花言葉が生まれました。また、同じく母親を亡くしている参列者には白色のカーネーションを、母親が存命の参列者には、赤色のカーネーションを送ったことから、花色によって異なる意味がつけられたと言われています。

カーネーション(carnation)