マリーゴールドの名前の由来は?

昔から存在するマリーゴールドは、花名の由来にもその歴史の古さを感じさせます。マリーゴールドは、「聖母マリアの黄金の花」という意味です。これは年に何度もある聖母マリアの祭日にいつもマリーゴールドが咲いていたことに由来します。また属名の学名は「タゲテス」と言い、この「タゲテス」は、紀元前8世紀から紀元前1世紀頃にイタリア半島中部にあった都市国家群エトルリアの神ターゲスの名前が由来していると言われています。

マリーゴールド(marigold)