~世界の勝者へ~オリンピックの「月桂冠」のベイリーフ

ギリシャ神話の物語が由来とも言われ、ギリシャやローマ時代から聖樹として神聖な樹木として語られてきました。ギリシャではオリンピック発祥の地アテネで「月桂冠」を勝者に与えられたという逸話もありました。しかし、季節の関係で実際には「オリーブの葉」を使用したという話が有力となっています。長時間煮込む際は苦みが強くなるので、料理では途中で取り出してつかわれますが、薬用では乾燥後もしくは生葉を使用します。スパイスとしては、世界中で使用されカレーやポトフ、煮込み料理に愛用されています。

ベイリーフ(bayleaf)