世界中で愛される黄金色のカクテルにもなった「ハニーサックル」

ラムをベースとするカクテルの名前にもなっている「ハニーサックル」。その名前のごとく、淡い黄色や黄金色の花の香りは、甘く魅力があります。蔓性で他の樹木や柵に絡みつくことから、「愛の絆」や「献身的な愛」などの花言葉も。ロニセラとも呼ばれるニンドウ(忍冬)は、冬場を耐え忍び、明るい花を咲かせるという意味も含まれています。ヨーロッパでは、このことに因んで明るく成長してくれることを願い、子供の名まえに「ロニセラ」と名付けることがあります。香りや明るい花のイメージがカクテル名にもなっているので、「喜びを与える」という意味でも親しまれています。

ハニーサックル(honeysuckle)