景観を守りインテリアにも食材にもオールマイティな「パイン」

日本語での「松(パイン)」は、「(神を)待つ」から発生して出来たものとされる話が有名で、世界中で知られています。東アジアでは「神の下りてくる樹」や「不老不死の象徴」として、悩みや苦痛のある時に待つ木の下で「待つ」ことがいろいろな話に登場すると言われています。中国黄山では仙人の住む世界に「松」が必ず登場しますが、日本の場合は景観として「天橋立」や「松島」「虹ノ松原」などで有名になっています。お菓子やワイン、料理に登場するのは、イタリアやフランスが有名で、献上品になるほど高級品なレシピにも使われます。

パイン(松)(pine)