松ぼっくりとリンゴを合わせて「パイナップル」

フルーツとしても普段から馴染みのあるパイナップルですが、パイナップルの名前の語源はどのような経緯でつけられたのでしょうか。そもそも日本ヘはオランダから石垣島にもたらされたのが始まりとされています。パイナップルの実はたくさんの果実が集まって作られているもので、表面の鱗のように見える部分が1つ1つ実になり、1~2ほどが集まっています。この見た目が松ぼっくりに似ていることに加え、果実の味がリンゴに似ていることから、この二つを合わせて「パイナップル」と名付けられたとされています。

パイナップル(pineapple)