冬景色にも色を添える花は1日咲く花「センニチコウ」

和名の千日紅(センニチコウ)は、英語でGlobe amaranthと呼ばれるヒユ科センニチコウ属の1年草です。ピンクや白、赤や紫などの松かさを押しつぶしたような形状をした丸みのある花を咲かせるガーデニング用の植物です。草丈は5cmくらいまで成長し、枝分かれが多く細長い葉は対生することで知られます。熱帯アメリカが原産地ですが、日本でもセンニチコウの花は7月から9月にかけて満開になります。

センニチコウ(gomphrenaglobosa)