お香の原料として古くから使われているサンダルウッド

サンダルウッドは、昔から貴重な香りとして重宝されていて、日本では「白檀」と言われ、香道の世界ではなくてはならない存在です。紀元前5世紀頃にはすでに高貴な香木として使われていたとされています。インドでは古くから寺院で瞑想時や儀式などの薫香に使われてきた歴史があります。日本でも日本書紀に仏教儀式でお香の記述があるように、早くから伝来していたことが分かります。サンダルウッドには、鎮静作用があり深いリラックスをもたらしてくれます。心を落ち着かせて考え事をしたい時にサンダルウッドはおすすめです。

サンダルウッド(sandalwood)