香港の亀苓膏(きれいこう)に使われるサルサパリラは万能生薬

中国南部の香港や広東省や広西チワン族自治区などで葉、伝統の中国医学として薬用にされることが主な使用方法でした。ベトナムでも「カオ・クイリン」(Cao quy linh)の名で、薬膳ゼリーとして提供されています。カメの腹甲などを粉砕した粉末と、サルサパリラ(土茯苓)や他の生薬を煎じ、成分を抽出した液を陶器の器に入れて蒸したゼリーに人気があります。サルサパリラ(土茯苓)など加える生薬の種類や比率は、作る店などのよって異なります。香港では、美肌に効果があるとも言われているため、健康を気遣う地元の人だけでなく観光客にも人気のある一品です。

サルサパリラ(sarsaparilla)