長寿や絵安定を願ったエルムは「春に花を咲かせる」ハルニレ

英語名が、UlmaceaeやJapanese Elmと呼ばれていることから、ハルニレと呼ばれるよりもエルムと呼ばれることが多くあります。「春に花を咲かせる」ので、“春”と“楡”と記載されてきました。秋に花が咲くタイプはアキニレと呼ばれます。「長寿」や「安定」の象徴と言われている樹木です。中国の南東部のエルム(ハルニレ)が植樹されている地域では、木の根元に座って安ことで、体力や英気を養えるという言い伝えがありました。暑い日差しの下で疲れた時に大きく広がったエルム(ハルニレ)の影が、暑さから人を守り癒すという意味だったようです。

エルム(elm)