樹木は銘木、種子は高栄養「ウォルナット」の魅力は世界TOP3

人類史で5-6年前から食用にされていたという話や、貢納物ともされていた魅力の種子として知られてきました。結婚式で「子宝に恵まれるように」という願いを込めてウォルナット(クルミ)を撒く習慣があるのはアメリカやカナダです。ナッツの中ではアーモンドに続く2位の消費量と言われます。北アメリカやカナダで多く産出されますが、「世界三大銘木」の一つとしてウォールナットは材質としても色合いとしても親しまれています。日本昔話では「サナダムシの嫌いなものがクルミ」として語られており、北欧神話では「イズーナと呼ばれる女神がウォルナットに変えられて連れ去られる」という話が語られてきました。

ウォルナット(walnut)