モーセがナイル川から救われたのは、葦とバインで編み上げたかご

古代エジプトで赤子の「モーセ」が、ファラオから逃れるため使われたかごに使われたのがバインでした。モーセの母親が、ナイル川に生息していた葦をバインで編み上げたかごに入れて、3ヶ月の間川に隠して助けられたという史実が語られています。バインは木質になりますが、細長く、柔軟さと引張りに強い性質を利用されてきました。薪を束ねたり、工芸品などにも使われてきました。現在でも染めたバインのつるでかごを網民芸品とする地域が多くあります。

バイン(vine)