大きな樹木の新芽を集めた究極の贅沢は「チェストナットバッド」

チェストナットバッドの花言葉は「贅沢」。新芽ですから、樹液のような粘度の高い液体に、たくさんの栄養が詰まっている様子からつけられたと言われています。集中力や気持ちを落ち着かせたい競技用の犬にも与えて効果があるともされています。樹木は36メートルにもなるので、大きな栗の木と誤解されることもあるようです。16世紀ごろ、イングランド地方で馬の胸部疾患を治療するのに使われたという逸話も多くありました。それが、英名をHorse-chestnutという名称で呼ばれることに由来すると言われています。

チェストナットバッド(chestnutbud)