寒さに強い青い花「セラトー」に込められた願いは…

Willmottianumと呼ばれるのは、イギリスの女性園芸家(E. A. Willmott)の名前にちなんでつけられた学名です。フラワーエッセンスとしての効果に定評のあるセラトーは、迷うことがある判断のバランスをとるのに役立つと言われてきました。イギリスの物語の中で、悩みを抱えた主人公が様々な問題を解決する際に願いを込めた花として描かれています。この物語が始まりとも言われていますが、自分を導くのに必要な考えと具体的な考えを調整することができるように…これがセラトーの効果とも言われます。

セラトー(serato)