ほのかな香りも心身浄化も…クラブアップルの魅力はリンゴの原種

山に自生するりんごとして知られてきた「クラブアップル(山リンゴ)」は、寒さに強いと言われています。薬草の中にも含められ、メディカルハーブとして扱われていますが、木の高さが低くてもしっかりと赤い実をつけることで知られています。体内を浄化する働きを持っており、ヨーロッパではクラブアップルの実だけを数日食べ続ける方法が使われていたことがあったようです。こうしたクラブアップルの使い方が、心身の浄化に役立ってきたという逸話として語られてきました。現在では、クラブアップルの花をアロマオイルやハーブセラピーでも使用しているのは、こうした逸話があるからかもしれません。

クラブアップル(crabapple)