【職場の悩み】被害者意識が強い同僚に疲れます

【お悩み】
同僚に被害者意識がとても強い人がいます。給料が上がらないのは会社のせい。
自分が昇進しないのは配属先が悪いから。
自分以外の人が昇進したり、いい仕事についたりしたら、「どうせ私なんて」と自分を卑下する…。
いつも悪いのは周りで、自分は被害者という言い方で、その話を聞いていると本当に疲れます。
こういうタイプの人とはどう接したらいいのでしょうか。

 

世の中にはいろいろなタイプの人がいますが、被害者意識が強い同僚がいるのは大変ですね。
被害を受けた話ばかり。同情して共感してほしいという気持ちが強いと
そう思っていないのに「そうだよね」と言ったひと言で
あなたも同じ思いだと見なされてしまうことになりかねませんので
私は、周囲を信頼しているという姿勢は崩してはいけません。
その話を続けていると、余計な言葉でフォローしてしまいかねません。
そのためにもうまく話題を変えていくようにしましょう。
相手にしているうちに、罠に嵌められてしまわないように注意しましょう。

 

被害者ぶる同僚の目的を想像してみてください。
例えば、被害者のふりをすることによって自分が批判されず、他の誰かに押し付けたり、
人の悪い点ばかりを話し、それによって自分に注目を集めたり、
被害を被った相手への復讐まで考えていたりします。
どのタイプかによって接し方も変わってくると思います。

 

被害者意識が強い人は、周りからの被害にとても敏感です。
他者を強く意識しています。また他者に責任を求めてきます。
つまり、他者の自分に対する悪意に敏感なんですね。
そんな被害者意識の強い人との接し方には、かなりの注意が必要ですね。
例えば、ジョークやいじりは通じないと思ったほうがよさそうです。
思い込みが激しく、自分にとって都合の良い解釈や受け止め方をする相手ですので
こちらが余裕を持って相手をたてたり、助けてあげようという気持ちでいるようにしましょう。

 

ラリマーのフラワーエッセンスは、心に余裕を持ち、ネガティブな雰囲気に染まらないよう導いてくれます。

ラリマー

穏便に立ち回りたい人に、安心感を保てるような無害と平和さを引き寄せます。

本当は関わらないようにするのがベストなのですが、
仕事の人間関係は、そうはいきませんよね。
ほどよく距離を置きながら仕事に支障のないように付き合っていきたいものです。
仕事中は特に、事務的に対応していくよう心がけましょう。

自分と被害者意識の強い人との境界線を強化してくれるフラワーエッセンスは、ホワイトヴァイオレットです。
体からおよそ1m離れた所のエネルギーの境界を強化する保護のエッセンスです。
あなたのオーラを守ってくれるでしょう。

ホワイトヴァイオレット

オーラを守る境界を保つ助けとなるエッセンスです。

被害者意識の強い人のマイナス感情にあなたの心が支配されてしまうと、メンタルも消耗します。
被害者意識の強い人はネガティブ思考のため、さらなる不幸を引き寄せるエネルギーを持っていますので
関わった日には、浄化するとよいと思います。
人の感情に振り回されないためのフラワーエッセンスは、セントジョーンズワートです。
相手の感情に振り回された日、浄化を目的としたフラワーエッセンスは、飲むだけでなくバスタブに10滴程を垂らしてゆっくり入浴するのもおすすめです。

セントジョーンズワート

ストレスに対する抵抗力を高めてくれ、周囲の環境や人の感情に振り回されないように促してくれます。

 

被害者意識の強い人は、きっと心に癒せない傷があるのだと思いながら接してあげましょう。

Tamami

Tamami

子育て世代の女性のお悩みを多数カウンセリングしています。 思春期や障害のお子さんについてや死別の悲しみを抱えている方、親との関係にお悩みの方など、友達に相談するようなカウンセリングを心がけています。フラワーエッセンスだけでなく、アロマを用いた癒しが得意。