まだまだ女盛り 40代夫婦のセックス事情

特別な理由もなく1ヶ月以上セックスがない状態をセックスレスとよびます。ある調査によると、40代夫婦の約50%がそれに該当するそうです。つまり、セックスレスとそうでない夫婦は約半分ずつ。この数値をどう判断すべきかイマイチわかりませんよね。ただ、いちアラフォー女性の個人的な見解で物申すのならば「1ヶ月に1回じゃ全然足りないんですけど!」

 

女盛り?性欲は40代がピークって本当?

これ、よく言われますよね。男性は衰えていくのに、女性は増加していく…みたいな。世の中では「性欲の強いババア」みたいな扱いをされることもありますが、これって科学的に根拠があるんです。女性は20代後半から30代にかけて性欲を抑制するホルモンが減少していくんです。そのかわり、テストステロンという性欲増強系の男性ホルモンが増えちゃうんですよ。すると35歳くらいを皮切りに、約10年程度性欲強めの時期が訪れるというわけです。もちろん個人差はありますが、私は鬼の共感をおぼえます。
ただ、妻は「女盛り!」と意気込んでいても、同世代もしくは年上の夫とは、性欲のすれ違いが起きることもあります。その辺も含めて、40代夫婦のセックス事情を考察してみたいと思います。

 

「セックス」の価値観が合う夫婦

月に10回のセックスでも、10年に1回のセックスでも、お互いが満足していればそれでOK。40代性欲バリバリ女盛りでも、夫婦が必要ないと感じるなら、セックスレスなんて言葉に囚われません。逆に、セックス至上主義の夫婦にとっては、1週間程度のレスでも大問題になったりします。
もしも、セックスの価値観が一致していなくても、相手の性欲に寄り添えている夫婦は円満です。どちらかの都合だけで、セックスを制限したり強要したりするのではなく、譲り合ったり思いやりあったりしながら、夫婦のペースを見つけていけたら理想的ですよね。
でも、まぁ、そういう夫婦はあまり見たことないですけどね(笑)

 

レスの王道「やりたい妻とやれない夫」な夫婦

既婚女性にとって40代は節目でもあります。その最たるものが子育てです。四六時中そばでお世話をしなければいけない時期を過ぎて、自分の時間を少し得られるようになった時、セックスから遠のいている自分と肉体に焦りを感じるもの。
で、夫に迫ってみるも…微妙に断られ続ける。
で、待てど暮らせど、誘ってもらえない。
で、モヤモヤ…と女盛りを持て余す…。
ひと昔前は「旦那がしつこくて困る」だの「いっそ外で発散してきてほしい」だの、絶倫夫に悩む妻みたいなのがありましたが、今のセックスレスは「やりたい妻とやれない夫」という方が多いようです。40代を過ぎた夫の性欲減退も影響していると思いますが、妻を性の対象として見れないというのも、悲しき事実です。

 

40代夫婦の関係と性生活あるある

夫婦の関係性は少なからず性生活に影響を及ぼすものです。40代夫婦にありがちな関係性をパターン化してみました。

家族vs異性の片思い夫婦

どちらか一方は、パートナーを家族としてみるようになり性的興奮の対象ではなくなく。もう一方は、パートナーを異性として見ている。仲が悪いわけではないけれど、後者の心が満たされない片思い状態。当然セックスレスに陥りやすくなります。解決策として「月に1回はしよう」とセックスを半義務化したり、セックスレスの治療を行ったりすることも。

お互い無関心…の夫婦

寝室や休日の行動も別。会話も連絡事項程度。お互いに対して無関心な夫婦は、年月によって自然にそうなるパターンと、片思い夫婦がこじらせた場合に分かれます。いずれにせよ、パートナーとのセックスにも無関心である場合が多いです。性欲は、不倫や風俗で解消。もしくは、セックス自体を諦めてしまう人もいます。

結局ラブラブな夫婦

若い頃のようにイチャイチャしていなくても、会話の中に「うちの嫁が」「うちの旦那が」というワードが頻発する夫婦は、結局仲良しです。相手を対等に認め合っていて、こういう夫婦が約50%の「セックスレスじゃない方夫婦」を支えているんだと思います。

 

諦めないで!医学に頼ればいいじゃない

比較的女性が不満を抱きがちな40代のセックス事情ですが、意外と精力剤やローションなどのアダルトグッズに頼る夫婦は少ないんですよね。「夫(妻)に対してそこまで…」と思ったり「今さら恥ずかしい」という照れがあるようですが、今後減少していくであろう性欲を放置するのはもったいないと思います。薬やグッズは「40代だからこそ必要なプレイ」と捉えて、セックスを楽しんでみてはどうでしょうか?

豆川あんこ

豆川あんこ

広告代理店勤務を経てフリーのライターをしています。こじらせ気味な人生と、落ち着きのない恋愛経験を活かして、あるあるな記事を執筆しています。