曇りない心で心友を呼び込む 心の友との縁をつなぐ甘酸っぱく清涼感ある香り

 

本当に心通い合う友。心の奥深くからつながる友人がいたら、とても素敵ですよね。辛い時や苦しい時に励ましあったり、お互いの価値観に共感しあったり。無意識に感じていた空虚な心の隙間も、自然と埋まるかもしれません。インナーチャイルドメッセージオイルの「closest Friend(心友)」は私たちが心の友を見つけることを手助けするオイルです。アロマの香りとヒーリングエネルギーが、あなたの心が求める人との縁を引き寄せるようにサポートします。

 

closest Friend(心友)

 

 

【closest Friend(心友)の香りとヒーリングイメージ】

心友・・・心からつながり合う友を見つける時に必要なことは何でしょう。
それは人と人とのつながりを大切にして、曇りない心で向き合うことではないでしょうか。

 

焦りやイライラ、支配欲、いわゆるネガティブな気持ちのままでは、たとえ心友に出会ったとしても、そのご縁を受け止められないということがあるかもしれません。曇りない気持ちで本当に大切なご縁を見いだすために必要なこと。インナーチャイルドメッセージオイルの「closest Friend(心友)」は、私たちに心友を見つけるための気づきとサポートを与えるヒーリングオイルです。

 

「closest Friend(心友)」の香りは、フルーティーでフレッシュ。どこか苦みを帯びた甘さを感じます。温めると立ちこめるのは、柑橘系の甘酸っぱさとスーッとした浄化の香り。心の側面に付着した澱(よど)のようなもの、無意識のうちに溜め込んだ負のエネルギーを洗い流すようなイメージです。

 

「closest Friend(心友)」の香りから感じるのは、物事をシンプルに受け止めることや心のピュアな部分を忘れないことの大切さです。心友を求める気持ちは魂の中にある純粋な想いです。その想いを実現させるために必要なこと、「closest Friend(心友)」の香りは私たちの心にそれを教えてくれます。

 

「closest Friend(心友)」の落ち着きのあるこっくりとした香りは、私たちの心に「上辺ではなく本質に目を向けることの大切さ」や「心が通じ合う縁とは何か」についても語りかけているかのよう。香りに包まれると心がほんわかと温かくなり、本当に大切なものは何か、自分の内側に深く意識を向けるきっかけとなるでしょう。

 

自分と向き合い、心を開いて、心友を得るために必要な準備を促すオイル。「closest Friend(心友)」は私たちが新しい人間関係、本当に必要な人間関係を受け入れる準備をサポートするオイルでもあります。

 

【closest Friend(心友) おすすめの使用方法】

今の人間関係に空虚なものを感じている人や心を分かち合える友達がいないと感じている人、恋人や友人ともっと心を通わせたいと思っている人に使っていただきたいオイルです。

 

おすすめはアロマポットで香りを拡散させる他、石膏や素焼きのタイルの上に垂らす方法。できれば、朝食の場で香らせるようにしてください。朝からオイルのエネルギーを取り込むことで、その日1日よい影響を受けることができるでしょう。

また、玄関で香らせるのもおすすめです。心通わせられる相手と出会いたい人は、ティッシュにオイルを数滴垂らして靴の中に入れておきましょう。靴にオイルのエネルギーが移り、心友を呼び込むラッキーアイテムになります。

 

普段持ち歩くお守りとして使いたい人は、アロマペンダントにつけて持ち歩くのもよいでしょう。オイルのパワーが常にあなたを包み、気づきを促します。

 

【closest Friend(心友) 香りのノート】

フルーティーでフレッシュ。甘酸っぱさと同時に香る清涼感あるスッキリとした香り。トップはフルーティーな甘酸っぱさが強いが、ミドルになるとスーッとした清涼感ある香りが前に出る。最後は2つの香りが混ざり合い、甘さと爽やかさが同居したウッディな香りに変化。

 

Rieko

Rieko

日常生活に心の彩りを。色と数字、心の世界に惹かれて十数年。「日常の中に取り入れる自然な癒し」をテーマに毎日を送っています。私たちの世界にあふれる色彩。その色の話を中心に、数字や心、ハーブ、フラワーエッセンスの話を綴っていきます。