昔はモテたのに… 35歳以上は恋愛対象外と言われたら?

若い頃は恋愛をしていたけど、ここ数年はキャリアのために仕事を優先させてきた。「恋愛はいつでもできる」そう思っていたけど、35歳を過ぎてからはどうも上手くいかない…。やっぱり男って若い女性が好きなのかな?私がアラフォーだからダメなの?どうやったら理想の男性に出会えるんだろう?そんな風に行き詰まっている女性は、ちょっとした工夫で状況が変わるかもしれません。

恋愛できないアラフォーあるある

「私、昔はそれなりにモテていたのに!」恋愛できないアラフォー女性には、意外とこういうタイプも多いものです。特に多く見受けられるのは以下の2パターン、もしかしたら、あなたもどちらかに当てはまるかもしれませんね。

バリキャリでツンツン

バリバリ働いて、役職や評価を得ているキャリアウーマンの中には、仕事スイッチのON・OFFが曖昧になっている女性も多いものです。
具体的には、仕事のような言葉選びや態度が日常的になっていて「つまり」とか「効率が」とか、無意識のうちに理論的な応対をしてしまうなど。すると、女性の武器ともいえる「可愛気」が影を潜めて、男性から「強い女性」と勘違いされてしまうことも。もちろん「強い女性が好き」という男性もいますが、恋愛の入り口が狭くなってしまうのも事実です。心当たりがある人は、意識的にプライベートスイッチをONにする習慣を心がけてみてはどうでしょうか?

恋愛条件だけキープ

モテた経験の多い女性に限って、20代の頃に男性に求めていた条件をそのままキープしがちです。
例えば、ファッションセンスが良くないとNG、デートやムードづくりをリードしてくれる人が良い、こういう職業の人じゃないとダメ、趣味が合わない人はダメ。変な癖がある人は嫌。などなど。アラフォーになると、若い頃のように選び放題とはいきません。同世代のいわゆる「いい男」は大抵既婚者だし、年下層が厚くなっても年の差が開いてハードルが上がるだけ。心当たりがある人は、現実的な条件を見直してみてはいかがでしょうか?

知りたくなくても真実を知ろう

バリキャリだろうが、恋愛条件設けてようが、自分に魅力があれば関係ないでしょ!という考えは間違っていないけれど、女性は35歳がひとつのボーダーラインだと言われています。
婚活市場でいうと、40〜50代の男性でも希望するのは20代の女性。次が30代の女性、そして35歳以上になるとニーズが急降下するそうです。出産を視野に入れてというのもありますが、「結婚」という新たな生活を築くパートナーとして「精神的にも経済的にも自立しているアラサー女性は柔軟ではない」という見られ方が理由です。
いくら「私は違う!」と思っていても、世間的な価値観を知らなければ、間違った恋愛アプローチを繰り返すことになりかねません。

ニーズのあるところを狙おう!

「どうせアラフォーだし」と悲観的になったところで、アラフィフに向けて時間が過ぎていくだけ。市場価値が低いなら、少しでも高く見積もってくれる市場に出向くのも方法のひとつです。
例えば、同世代や年下ではなく、アラフォーの自分を
「可愛いやつ」として見てくれる年上男性だけを対象にするのもひとつの方法です。その際は「年上なら年収はこのくらいでなくちゃ!」と高望みしたり、「この年まで独身なんて問題あるんじゃないの?」と勘ぐったりせず、まずは人柄と向き合ってみましょう。
お互いに先入観を持ちすぎないことが、恋愛への第一歩につながるかもしれません。

R35の魅力もあるのだ!

アラフォー女性の市場価値が低い!そう言われると、少なからずヘコみますよね。でも、大人の女性だからこそ発揮できる魅力もあります。経験や知識が豊富なのはもちろん、甘えられるのが苦手なタイプの男性には「自立している」というのは魅力のひとつです。
大切なのは、腐らないこと!「どうせ」とイジけて出会いの場に足を運ばなかったり「私みたいなおばさんは〜」と周りが困る自虐を繰り広げたりせず、今の自分を認めてあげること。必要以上に自分を否定せず、自分の良いところをちゃんと把握しておけば、来るべき出会いの場面でちゃんと魅力を発揮できるはずです!

アバター

豆川あんこ

広告代理店勤務を経てフリーのライターをしています。こじらせ気味な人生と、落ち着きのない恋愛経験を活かして、あるあるな記事を執筆しています。