職場の上司に嫌われているみたい…仕事が辛いです

こんにちは。SUN&MOON 柳瀬更織です。

今回は、25歳 会社員の方から、こんなご相談をいただきました。

 

<お悩み>

職場の上司が最近冷たいというか、厳しいというか…。

以前はそんなことはなかったのですが、私が先日大きなミスをして、クライアントに上司が謝りに行ってくれたことがあり、それ以降、あまり目を見て話してくれなくなりました。

嫌われてしまった…と思い、自信もなくなってしまいました。

仕事に行くのが辛いです。この状況をどう乗り越えたらいいのでしょうか。

(25歳/会社員)

 

今こそが、あなたの成長の時…という雰囲気を感じますね。

 

部下のミスは上司が責任を持つ。

あなたのミスを上司が自分のミスとしてクライアントに謝罪しに行くというのは当然の流れではあります。

だからといって、上司は、あなたのミスを許したわけではないのかもしれません。

 

取り返しのつくミスなら許す、取り返しのつかないミスなら許さない…と言うような単純なことではないのだろうと思います。

 

上司は、あなたに言葉で責め立てるようなことは言ってはいなかったとしても、心の中では怒りや憤りがあるのかもしれません。

事前に部下のミスに気付かなかった自分自身を悔やんでいるのかもしれません。

あなた責任の重大さを自覚してもらうために、あえて厳しい態度で接するようにしているのかもしれません。

直接、上司に心の内を尋ねてみない事には本当のところは分かりませんが、上司としての複雑な思いが、態度に出てしまっているのかもしれませんね。

 

そんな上司を目の前にして、あなた自身も辛い気持ちに苛まれていると思います。

しかし、今は、この状況に背中を向ける場面ではないと感じますよ。

ミスを起こしてしまったのは紛れもなく自分自身ですが、そのことにずっと囚われて、その場で立ち止まっていてはいけません。

過ちは誰にでもあります。

過去を変えることは出来ませんが、未来を変えることは出来るのです。

 

今、あなたは上司の態度を真摯に受け止めて、自分自身の仕事を誠心誠意、全うすることが大切なのではないでしょうか。

 

ミスを必要以上に恐れるべきではありませんが、繰り返さない努力は重要です。

仕事というのは、上司であろうと、部下であろうと、どの立場でも責任が伴います。

クライアント先の経営全体に影響する仕事なら、なおさらのこと。

 

まず、前回のミスはどうして起きてしまったのか、どうしたら2度と同じミスを繰り返さずに済むのか、具体的にミス当時の問題点を明らかにしていく必要があります。

そして、大きな仕事に対する取組みだけではなく、普段からの細かな仕事に対しても確認に確認を重ねて、二重や三重のチェック癖をつけること。

上司には俗にいう報告、連絡、相談の「ほう・れん・そう」を徹底すること。

 

積極的に、報告や連絡、相談をしたり、一緒に確認をお願いしたりなど、与えられた仕事に責任を持って然るべき姿勢で上司を頼っていきましょう。

 

また上司に、改めて、当時フォローして頂いた感謝と謝罪、そしてこれからの取り組みに対して誠意を持って努めることを宣言することも大切だと思います。

きっと、ミスをしてしまった時にも、あなたは上司に謝罪をしていると思うのですが、ここで改めて上司への気持ちと決意の宣言を伝えることは、あなたが「頑張ろうとしている」ということを知らせる意図があります。

上司は、今しばらくは冷たく厳しい態度かもしれません。

でも、上司の感情や態度に振り回されること無く、仕事にしっかりと取り組んでいくことを優先して下さい。

結果も大事なのですが、やはりプロセスにどれだけ真剣に向き合っているかで、人は評価を下します。

あなたの、ひとつひとつの仕事に丁寧に向き合う誠意ある姿や、同じミスを繰り返さないようにと努力している様子、誠実で真剣な姿勢が、上司の態度を軟化させていくと思いますよ。

 

周囲に認められる仕事をしていくことも、社会人としての醍醐味。

そして、この場面を乗り越えることが、あなた自身の人間性を鍛えることにもなるでしょう。

きっと、社会人としても、個人としても、女性としても、大きな成長を遂げて行けるはず。

どうか、ここで背中を向けることなく、前を見て踏ん張り、仕事と向き合ってみてください。

 

あなたなら出来ます。

応援していますよ!

SUN&MOON 柳瀬更織

SUN&MOON 柳瀬更織

直観視・遠隔視・占い・ヒーリングをもちいて、運勢の流れ、本質、過去・現在・未来を読み解き、 個人対面セッションにて、人生を自分らしく進むために必要なメッセージとアドバイスをお伝えしています。