夫以外の男性にときめく 婚外恋愛にハマってしまったきっかけとは?

「婚外恋愛」とは、既婚者がパートナー以外の相手と恋愛を楽しむことです。要は「不倫」ですね。ただ、従来のそれに比べて前向きなニュアンスが含まれていて、当事者たちに言わせれば「不倫じゃない。婚外恋愛だ!」というわけです。では、既婚者たちはどうやって婚外恋愛にハマっていくのか?そのきっかけを探ってみたいと思います。

離婚はしたくない「婚外恋愛」

不倫と婚外恋愛の特徴的な違いは、大きく分けてふたつ。
ひとつめは、離婚したいわけじゃない・家庭を壊したくない。ということ。
「だったら婚外恋愛なんでしなきゃいいじゃんかよ!」と思いますよね。まったくその通りなんですが、そうもいかないのが人間の欲求。たとえ夫婦円満でも「もっと恋愛を楽しみたい」と、more!の感情が沸々とすることもあります。セックスレスとか出口なき倦怠期とかを抱えていると、moreどころかwant!に至るケースも珍しくありません。でも、どんなにwantを抱え込んでいても、それは離婚問題に発展するほどじゃない。いや、むしろ離婚はしたくない。そんな人たちにとって都合の良いものこそが、婚外恋愛です。
「夫が嫌いというほどじゃないし、離婚したところで生活も困っちゃう。子供を巻き込むのは嫌だし、泥沼不倫とか略奪愛とか家庭崩壊とか民事訴訟とか慰謝料とか、そういうのは嫌だけど、恋愛したいんだよぉぉぉ」というニーズに対して「俺もだよ!」という同意見があって成立する不倫こそ、婚外恋愛。
お互いの家庭は壊さない範囲で楽しみましょう!というわけなのです。その兼ね合いを考えると、婚外恋愛はいわゆるW不倫といわれる既婚者同士の組み合わせが主流。これが、ふたつめの特徴です。

きっかけは、自分の中の欠損

「私、結婚したら婚外恋愛するのが夢なんだ」なんて人はいませんよね。
だって、その時は満たされているはずですもんね。婚外恋愛をする必要がないわけです。では、どういうきっかけで婚外恋愛に走るのかというと、何らかの欠損です。あったはずのものがなくなっちゃって、それを埋めようという行為なんだと思います。以下は、婚外恋愛のきっかけあるあるです。

・セックスがなくなった
出産を機にセックスレスになる夫婦は意外と多いです。時間が経つほど「今さら感」が募って、誘ったり誘われたりはもちろん、キスや抱擁もなし。正直寂しいですよね、生理がくるたびに「何のための生理だよ」と恨み節になったり。単純に性欲を満たすだけでなく、肌の触れ合いやぬくもりを求めて婚外恋愛に。

・夫にときめかなくなった
「私、この先恋愛しないのかな」そう考えるようになったら、夫にときめかなくなった証拠かもしれません。だって、恋愛中はそんなこと思わないじゃないですか。誰かに恋をする幸せや、誰かに求められる快感。あれってもう一生味わえないの?そう思ったら、できうちにしておきたい!と焦る女性も。まだ枯れてたまるか!精神で婚外恋愛に。

・好きな自分じゃなくなった
仕事と家庭の両立が大変で、イライラしがちで子供に怒ってばかり。夫も話を聞いてくれない。気づけば笑顔でいることも少なくなって、自分自身が好きじゃない。「私ってこんな人だったっけ」と輝いていない自分にがっかり。そんな時に、自分を認めてくれる優しい人が現れたら…!うんうん。しちゃう、しちゃう。

どんな人と婚外恋愛するの?

精神的なきっかけはあれど、相手がいなければ成立しないのが婚外恋愛です。以下は、婚外恋愛にハマりやすい相手あるあるです。

・職場関係
機会を作らなくても出会えるのが職場です。同じ職場だけでなく取引先やお客さんに至るまで、関わる人数が多いと単純に出会いも増えます。中でも大手企業の製造工場などは、婚外恋愛の宝庫とよばれています。最近は婚活に場として潜入(入社)する女性もいるとか。

・友人
もともと友人関係だった気心の知れている相手も、タイミング次第では婚外恋愛に転がります。弱っている時、寂しい時、お互いの気持ちがシンクロすれば、まさかの展開も起こりえます。

・元彼
一度は好きになった相手がゆえに、好意的に見るというハードルは低いはず。今は別れた後もSNSなどを通じて簡単に繋がれてしまいます。何かのきっかけで対面したりすると、一気に盛り上がっちゃうこともありえます。

・まさかの子どもきっかけ
育児中のママが好きなものナンバーワンが「イクメン」です。子どもの園や学校行事で知り合ったイクメンと仲良くなってそのうち…。子どもの習い事の先生が見せる頼もしさに心惹かれてそのうち…。など、意外と子どもきっかけの婚外恋愛は多いものです。

・SNSや出会い系
直接的な出会いが少ない人や苦手な人は、SNSで気の合う人を誘ったり、もっとダイレクトに出会い系で効率よく婚外恋愛を求める人も。ただ、信頼できる相手でないとトラブルに発展するケースも多いようです。

 

やめられない婚外恋愛!こんなメリットが

恋愛で心を満たすことによって、家族に対して優しくなれたり、女性としての自信を取り戻せたり、恋するワクワクを味わえたり。当人にとっての婚外恋愛は、うれしいたのしい大好きなわけですよ。気楽だし泥沼化もしない。でも、結局は婚外恋愛はただの不倫です。家庭を第一にするスタイルと言っても、バレた時のリスクは同じ。「婚外恋愛だから良いかと思って」なんて通用しないということも心得ておきましょうね。

豆川あんこ

豆川あんこ

広告代理店勤務を経てフリーのライターをしています。こじらせ気味な人生と、落ち着きのない恋愛経験を活かして、あるあるな記事を執筆しています。