【ママ友の悩み】SNSにハマりすぎているママ友との付き合い方

今回はInstagramやFacebookなどSNS疲れに関するご相談です。
子供たちの話題が中心のママ友とのSNSはとても盛り上がります。
楽しいはずのコミュニケーションがいつの間にか苦痛に・・・・・・。
そんな人間関係の悩みにもフラワーエッセンスで対処していきましょう。

【お悩み】
小学生2年生の娘のママです。
小学校のママ友は保育園の頃から仲がいい人も含めて、5人ぐらいでいつも集まってランチやお茶をしています。
当然InstagramやFacebookでも繋がっています。

ママ友のひとりが、一日何回も自己満系の投稿をしていて“インスタグラマー“を気取っている?ようです。
「いいね」のコメントがなかったら、「見てくれた?」と聞かれ、
「いいね」やコメントをしたらしたで、
コメント欄で「うれしぃ♡このバッグは〇〇ので…」など聞いてもいないことを延々と書かれるため、また返事をする…というループです。
正直疲れます。
上手に付き合う方法はないでしょうか。

 

インスタは楽しいアイテムではありますが、それと同時にSNSに疲れている方が多くなっています。
「いいね!」のプレッシャーや会話の止め時がわからずトークが長引くことがストレスとなり、
それが身近な相手だとさらに人間関係にも気を使いますね。

SNS疲れの回避のひとつに使い分けがあります。InstagramやFacebookのアカウントを複数持ち、
投稿内容やフォローする相手などを変えたり、テーマも変えます。

SNSはあくまでリアルの人間関係の補助的ツールとして使うようにすることも大切です。
「最近忙しくてあまりやっていないの」と普段の会話で宣言していくのもいいですね。

ただ、子育てを通したママ友とのお付き合いは子供たちが同じ小学校や中学校に上がっても繋がります。
距離を少しずつ広げていかずに急に対応を変えるとトラブルになることが多いので
あまり極端なお断りをせず、少しずつ少なくしていくことで悪印象を防ぎましょう。
逆に長いお付き合いになるからこそ、一定の距離を保つことが良好な関係を継続させるコツでもあります。

ストレスのないママ友はしっかりとお付き合いすることで
大勢のママ友との繋がりにこだわらなくなりますよ。
素敵な友達をみつけ、大切にしていきましょう。

そのためにも上手なコミニュケーションが取れるようフラワーエッセンスがお手伝いします。

例えば、SNSでのお付き合いの頻度を少なくすべくうまく回避していくために
表現力とコミュニケーション能力をアップさせてるのがリレイションシップです。
リレイションシップは人間関係を改善するためのエッセンスでさまざまな問題に役立ちます。

リレイションシップ

人間関係の苦痛や不安に。

なかなかNOと言えないタイプの方には、セントーリー(自己主張)がおすすめです。
本音を言い出せず、自己犠牲を強いられがちな時に主体性を持って行動できるようになる手助けをしてくれます。
自分の楽しい、好きをもっと優先させてもいいんだよと背中を押してくれるでしょう。

セントーリー(自己主張)

人を気づかうあまり「ノー」と言えない方に。他人より自分という優先順位を上手につける能力をアップしてくれるフラワーエッセンスです。

今後、素敵なママ友との出会いやお付き合いができるようランタナエッセンス~彩の雫~もおすすめです。
人と人を繋ぐ調和のエネルギーをSNSばかりではなくリアルな人間関係でも築いていきましょう。
絆を強める助けにもなりますのでお断りしたり、少し距離を置いてもうまくやっていける手助けになるはずです。

ランタナエッセンス~彩の雫~

ものごとの楽しい側面に光を当てて、ワクワクとした毎日へと導き、あなたの笑顔で笑顔の仲間を引寄せ、人と人を繋ぐ調和のエネルギーとなるフラワーエッセンスです。

たくさんの人と繋がって楽しいことが多いSNSですが、情報の共有範囲に気をつけてSNS疲れのないお付き合いにしていけたらいいですね。

Tamami

Tamami

子育て世代の女性のお悩みを多数カウンセリングしています。 思春期や障害のお子さんについてや死別の悲しみを抱えている方、親との関係にお悩みの方など、友達に相談するようなカウンセリングを心がけています。フラワーエッセンスだけでなく、アロマを用いた癒しが得意。