アロマオイルを長持ちさせる方法

 

梅雨のシーズンも近くなり、湿度が高くなってくる季節。

気を付けたいのがアロマオイルの保管方法です。

アロマオイルは繊細なため、一度封を開けてしまうと酸化して変質してしまいます。

 

そこで、アロマオイルを良い状態で長持ちさせる方法を知っておきましょう。

 

■アロマオイルは酸化しやすい

植物から抽出されるアロマオイルは、食べ物でもないため時間が経っても使えるように思いませんか。

確かに直接食べないとはいえ、マッサージではアロマオイルをお肌に塗ることもあるでしょう。

だからこそ、品質には常に気を付けなければなりません。

 

ですが、アロマオイルは酸化しやすく、品質が悪いものをつかうと体調が悪くなる可能性もあります。

では、どのように保管すれば、酸化を遅らせて長持ちさせることができるのでしょうか。

 

■基本は冷暗所で保管

アロマオイルは紫外線に弱いため、遮光ビンに入れて販売されています。

遮光ビンに入れるとも光が通りにくくなり、酸化スピードは遅くなります。

ただし、高温多湿の環境では、より品質が悪くなり酸化が進んでしまいます。

アロマオイルの保管は、紫外線や温度、湿度の影響を受けにくい冷暗所を選びましょう。

 

■夏は冷蔵庫での保管がベスト

アロマオイルはデリケートなため、冷暗所を選んで保管しているつもりでも、知らない間に酸化が進んでいることがあります。

特に、夏場は温度、湿度ともに上がってしまうので、注意しなければなりません。

そこで、温度や湿度が一定に保たれている冷蔵庫での保存がおすすめです。

 

■保存期間は開封後1年

アロマオイルは冷暗所で保管していたとしても、少しずつ劣化が進みます。

そのため、未開封であれば、商品の外箱に記載されている保存期限を目安に使用します。

また、開封後は1年を目安に使い切るようにしましょう。

 

■柑橘系は半年を目安に

アロマオイルの中でも酸化スピードが速いものがあります。

その代表例が柑橘系のアロマオイルで、他のオイルに比べると酸化しやすく湿気や高温にも弱い性質を持っています。

柑橘系のアロマオイルを開封したときは半年以内に使い切りましょう。

また、購入する際は、信頼できるメーカーから鮮度の良いアロマオイルを選んでくださいね。

レモン《ミカエル・ザヤット》50ml

レモンのエッセンシャルオイルは、思わず唾が出るほどのフレッシュなレモンの香りです。学習能力アップに役立ちます。またリフレッシュしたい時にもおすすめです。

 

ミカエル・ザヤットのアロマオイルは、鮮度がよく、品質が良いことでも注目されています。

新しく購入する際の選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

 

アロマオイルを長持ちさせる方法としては、冷暗所に保存することが大切です。

夏場は冷蔵庫へ入れるなどして、きちんと保管しましょう。

また、開封後のアロマオイルは1年、柑橘系は半年を目安に使い切るようにしてくださいね。

アバター

花山さくら

今話題の美容やコスメ情報、恋愛などを専門とするフリーライター。アロマテラピーアドバイザーやメディカルハーブセラピストなどの資格を活かして、専門的な知識のもと、繊細な女性に癒しを提供していきます。