ストレスフルになったら瞑想でセルフチャネリング

こんにちは、すいらです。
新年度ならではの変化も、そろそろ一段落ついてきた頃かと思いますが、
依然として、新しい環境にストレスを覚えている方も、自覚の有無を問わず、いらっしゃるのではないでしょうか。

ストレスに対する手段はいくつもありますが、
ひとつの考えとして、「ストレスが溜まったら発散する」というだけでなく、
「そもそもストレスを溜めないようにする」というものがあります。
もう少し具体的に言うと、「ストレスに対する自らの反応を変える」ことなのですが、
その方法として取り上げられる代表的なもののひとつに、瞑想があります。

…とはいえ、瞑想と聞くと、「難しそう」と感じる方もいらっしゃるでしょう。
確かに、心を「無」にしなければならない、なんてイメージがあるかもしれませんが、
まずはそのイメージを一旦脇に置いて、もっと気軽に考えてみてはいかがでしょう。

それでも難しさを感じるというのであれば、エネルギーグッズを利用するという手もありますよ。

低いピラミッドオブジェ(解毒・チャクラと心の浄化)《オルゴナイト》

ピラミッドは心と体の安定を保ち、目指す未来の実現に向け集中力とエネルギーを高めると言われています。オルゴンの力でネガティブなエネルギーを吸収し、同時に高い波動のエネルギーが放出され空間を充満し、明るくパワフルなスポットを創り出します。「解毒、チャクラと心の浄化」がテーマのこのオルゴナイトは半径約37mまでの空間に効果が届きます。

こちらのオルゴナイトの場合は、オルゴナイトそのものとしての性質や、ピラミッド型の形状に、水晶の強い浄化作用が加わります。
それらの力でクリアリング(心を落ち着けること)がされた後は、
煙水晶がグラウディング(言わば「地に足をつけること」)を助けることで瞑想をより行い易くし、
レッドジャスパーやカーネリアンが、ストレスにより弱まってしまったあなたの活力を取り戻してくれることでしょう。

selfmeditation

ところで、ここまで読まれた方は、
「瞑想やチャネリングに“地に足をつけること”って必要なの?」
と思われるかもしれませんが…

確かに、ストレスフルな状況にいると、
多くの場合、精神面や霊的な側面などの、いわゆる「目に見えない領域」が疎かになってしまいがちです。
しかし、だからと言ってそちらの領域を意識するあまり、物質的なもの、物質世界を疎かにしてしまうと、
頭がボーッとしてミスを起こしやすくなったり、「自分の軸」がしっかりと定まらず、他人の意見や思考に振り回されたりすることもあります
(後者は、「柱の下の部分が、しっかりと地面に付いていない状態」をイメージされると分かりやすいかと思います)
そうなると、日常生活や人間関係において、かえってトラブルやストレスの原因ともなりかねないことは、想像に難くないでしょう。

日常生活がつらいからとスピリチュアルに偏り過ぎるでもなく、
恐れや不安からスピリチュアルを否定し、目に見えない領域を軽んじるでもなく、
重要なのは、両者のバランスを取ることです。
そして、瞑想やチャネリングは、確かに目に見えない領域へのつながりを作る手段ですが、
道具と同じように、使い方や使う際の考え方によって、利用時に表れる効果も変わってきます。
場合によっては、今回ご紹介したようなアイテムの力を借りつつ、
スピリチュアルを深めると同時に、両者のバランスを取るための方法として、有効活用していただければと思います。

地宮みさと(ちのみや みさと)

地宮みさと(ちのみや みさと)

自身の経験から「地に足のついた、日常に活かせるスピリチュアル」に関心を抱き、フリーライターと「自己ハンドリング型スピ アドバイザー」、2つの顔を持って活動中。チャネリングによるメッセージ伝達サービスを提供するなど、今も活動の場を広げている。