リヒトヴェーゼンのオイル誕生の経緯について

金曜日になりました。Nori bouです。
前回、リヒトヴェーゼンの商品は人間の閃き、叡智で開発された商品ではないこと。 を書きました。

その続きです。

20年以上前にドイツで、ゲルハルド・K・ピエロットさんとペトラ・シュナイダーさんの男女2人が、アセンデットマスターのセントジャーメインから人類の意識を高めて、地球のエネルギーを変える商品を世に出すようにコンタクトをうけました。

ゲルハルド・K・ピエロット

ゲルハルド・K・ピエロット

ペトラ・シュナイダー

ペトラ・シュナイダー

アセンデットマスターから2人だけの専用のオイルの作り方を教えてもらい、そのオイルを使って数週間から数ヶ月、マスターがコーチのような役割になり2人の訓練がはじまりました。

終了後にイニシエーションとして、それぞれのアセンデットマスターより高次元からのエネルギーを人間を介さず、直接注入するやり方を教えてもらいました。

1のマハコハンから21のマリアの順で教えを受けました。

これがそのままボトルの番号になっています。

アセンデットマスターの高次元のエネルギーをそのまま受け取ることによって、人間が本来持っていて眠っている能力が引き出されてきます。

商品の特長は来週金曜日書きます。

 

アバター

Nori Bou

証券会社でファイナンス運用に従事したキャリアを持ち、この世の中は物質的世界だけで成り立っているわけではないという体感を覚える。現在精神的な世界やエネルギーワークに興味を持ち、リヒトヴェーゼン、オルゴナイトなどでも自己修行中。